• 新卒採用ENTRY
  • キャリア採用ENTRY
しあわせのレシピ?
2017 RECRUITING SITE Ameba is Amazing!

Our Works 仕事を知る

私たちの仕事にあるのは  熱意と夢と、かけがえのない出会い。

  • ドレススタイリスト
  • シェフ
  • キッチンスタッフ
  • パティシエ
  • ウエディングプランナー
キャリア5年 ドレススタイリスト
この仕事を選んだのは、結婚式という最高にしあわせな人生の一大イベントに関わることで、大きなやりがいを感じられると思ったから。可愛いウェディングドレスに囲まれた華やかな世界だと思っていました。実際は、ドレスの仕入れやメンテナンスなどで身体を使うことも多くて、華やかなことばかりではないんですけど(笑)。でも、新婦様にとってドレスを身に纏うことは、「結婚するんだ」という実感をいちばん最初に感じる瞬間だと思うんです。だから、ドレス選びのときの新婦様やそのご家族のキラキラした笑顔には、いつも力をもらっていますね。
ウエディング業界って、究極のサービス業。お客様の真意を汲み取る力やニーズを捉える力が、本当に重要です。もちろんコーディネイトセンスを磨くために、ウェディング雑誌での情報収集も欠かせません。私はいつも「こんなドレスが着たい」と明確なイメージを持っている新婦様にも、一着は自分なりの提案をすることを心がけています。毎日ドレスと向き合っているので、アイデアストックがあるんですよね。体型や雰囲気に合わせて似合いそうなドレスを提案したり、小物合わせを考えたり。提案力と責任感、誠実さを大切に、120%HAPPYな最高の笑顔を生み出したいと思います。
WORK PROCESS ドレススタイリストの仕事
キャリア13年 シェフ
子どもの頃から料理が好きだった私。父親の手料理がおいしかったので、微かにライバル心があってシェフを目指したのかもしれません(笑)。料理人としては、三重や大阪のレストランで経験を重ねた後に、AmebaHDに入社。在籍中に渡仏して、リヨンとパリで腕を磨きました。帰国後シェフに就任したのですが、その渡仏経験が自分にとって大きな自信となりましたね。とにかく膨大な量の食材に触れることができたし、料理をしている実感があった。洞察力や、的確に状況判断する力も身につきました。フランス料理には「おいしいタイミング」が必ずあるんです。それを見極め判断することが、シェフには必要ですから。
もちろん、キッチンでのシェフの役割は、ただおいしい料理をつくるだけではありません。結婚式でのオーダーメイド料理「エピソードレシピ」の考案、レストランメニューの作成、仕入れと売上の管理、スタッフの育成など、数えきれないほどの仕事を担っている。その分、エピソードレシピを喜んでいただいたとき、会心の調理ができたとき、スタッフの成長を目の当たりにしたとき、やりがいも数えきれないほど感じます。シェフの仕事は、料理人として力を出しきると同時に、キッチンを率いる責任感と指導力も必要。いつでも最大限の力を出せる強いチームをつくって、お客様にしあわせな時間を過ごしてもらいたいですね。
WORK PROCESS シェフの仕事
キャリア 4年 キッチンスタッフ
まだアルバイトの立場で、キッチンに入っていた頃のこと。結婚式の後に何か軽食をつくってくれと、先輩に頼まれたことがありました。突然だったので少し慌てましたが、サンドイッチをつくってお出ししました。その後でサンドイッチを食べられた方から、「すごく、おいしかったよ」と声をかけられて。お客様においしいと喜んでもらえることは、こんなにしあわせなことなんだ…と強く思ったことを覚えています。
料理の道に進んだのは、小学生のときに母にシュークリームをつくって喜ばれたことがきっかけだったのかもしれません。高校では調理科に進み、ここにはアルバイトからそのまま正社員として入社しました。
今は「アプランティ」として、シェフの補佐やまかないの調理などをしています。せっかくシェフのそばにいるのだから、盛りつけテクを盗もうとジーッと観察したり、趣味と実益を兼ねて他のお店に食べ歩きに出かけたり。フランス語や料理の専門用語を覚えるのはちょっぴり大変ですが、自分が楽しいと思うことをずっとしていられる、この仕事が大好きです。私にとってキッチンは、料理の腕だけでなく、コミュニケーション能力や忍耐力も身につく成長の場ですね。おいしい料理は、みんなのチームワークでつくりあげるもの。以心伝心の仲間たちと、今日も自分らしく仕事をしていきます!
WORK PROCESS キッチンスタッフの仕事
キャリア 13年 パティシエ
小さな頃からお菓子づくりや食べることが大好きでした。高校ではデザイン科で、デッサンや平面、立体などさまざまなデザインを学び、卒業後は製菓の専門学校に進学。パティスリーやカフェでパティシエとしての経験や技術を磨くなか、お付き合いのあった製菓メーカーの方から「すごいウェディングケーキをつくるところがあるんだよ」と、転職を勧められたことが入社のきっかけでした。Amebaでつくっているのは、おふたりのしあわせを「おすそ分け」するという意味を込めて、全部食べられるウェディングケーキ。精巧なマジパン細工で思い思いの世界観を表現した、噂どおりのケーキには感動しましたね。
今は私自身が新郎新婦様と打合せして、おふたりのイメージに合ったウェディングケーキをつくっています。打合せの場では、ケーキのラフスケッチを描きながら説明。デザインを確認してもらったら、あとはおふたりの喜ぶ顔を想像してイメージ通りにつくるだけですが、これがもう毎回ドキドキ(笑)。式当日、最後の仕上げはすごく緊張します。ウェディングケーキって、意外と見てもらえる時間は短いんですよ。だから、披露宴の最中におふたりがケーキを見て「わぁ!」という声をあげられると、私はいつも小さくガッツポーズ!その短いけれど、しあわせな一瞬に、この仕事の喜びがすべてつまっていますね。
WORK PROCESS パティシエの仕事
キャリア 1年 ウェディングプランナー
結婚式を挙げるおふたりの想いや希望を一つひとつ形にしていく、それがウェディングプランナーの仕事です。私がいつも心がけているのは、おふたりといっぱい話すこと。真のニーズを聞きだし、その上でおふたりが想像してる以上に「おふたりらしい」ウェディングプランを提案するときが、いちばんやりがいを感じる瞬間ですね。挙式当日は、おふたりと今まで一緒に創りあげてきたプランを実現する一日。私自身ワクワクしながら、キャプテンとしてその日のすべてを見守ります。
もともとレストランのサービス担当として入社した私は、先輩プランナーの
仕事ぶりにいつも「すごいな」と憧れを感じていました。入社して3年ほど経った頃には、プランナーの仕事をしてみたいという気持ちがどんどん強くなってきて。周りの先輩方に「やってみたらいいよ!」と背中を押してもらい、思い切って転向を願い出ました。チャンスを与えてもらったからこそ、自分にできることは全力でやりたい。
いつも、本当にやりがいのある仕事をさせてもらっているなと思うんです。全員が同じ想いで感動を創っているこの環境が、人と人、気持ちと気持ちが通じあう喜びや大切さを私に教えてくれました。
WORK PROCESS ウェディングプランナーの仕事
  • 支配人
  • ウエディングマネージャー
  • ヘアメイク
  • サービス
  • 本部スタッフ
キャリア17年 支配人
平日はフレンチレストラン、週末は一組貸切のオーダーメイドなウェディングをプロデュース。その両方をトータルに運営していくのが支配人という立場です。シニアソムリエとして自分自身も接客しますし、結婚式のディレクション、店舗の設備管理からスタッフのシフト調整まで、支配人はいわゆる「何でも屋」ですね(笑)。一つの店舗は、サービス、キッチン、ウェディングなど、専門分野が違う職人たちの集まり。それぞれプロとしての理想や意見を取りまとめるのは、とても苦労します。でも個人が能力を100%発揮できるように調和を図るのが自分の仕事だと思うし、チームをつくること自体にやりがいを感じますね。
私は根っからサービスの仕事が好きなんです。以前勤めていたワインダイニングは格式の高い店で、ワインの品揃えも豊富だったので、貴重な経験をたくさんさせてもらいました。ただ、ソムリエの仕事はお客様と自分とで完結してしまうことも多いんです。充実感はあったけど、私はもっとチームで仕事をしたかった。だから今、サービスのプロとして仲間と協力し合い、“しあわせのお手伝い”をしていることに大きな喜びを感じています。サービススタッフは、いろんな結婚式を全部見ているんですよ。サービスならではの視点を生かした提案が、もっとできるはず!よりクオリティ高く、しあわせのお手伝いをしていきたいですね。
WORK PROCESS ドレススタイリストの仕事
キャリア6年 ウェディングマネージャー
中学校の通学路にドレスショップがあって、通る度にうっとりとウィンドウを眺めてた。その頃から、私の夢は「ウェディングプランナーになること!」でした。今までその想いは一度として揺らいだことはありません。もちろん、プランナーになった当初は何もできなかったし、たくさん失敗もした。それでも周りの先輩や上司がいつもチャンスを与えてくれて、どんなときも逃げずにぶつかってきました。いろんな経験を重ねたからこそ、今の自分があると思っています。
プランナーとしての私は、常におふたりの味方であり、信頼される存在である
ことを大切にしてきました。今は、ウェディングマネージャーとして、後輩プランナーの育成も担う立場。やりがいを感じる部分も少し変わってきましたね。自分がお客様に信頼されること以上に、後輩に向けられた称賛や感謝の言葉がうれしいと感じるようになりました。今後はマネジメント業務のウェイトが高くなり、スタッフそれぞれの適性や個性を考えて、仕事を割り振ることも増えていくと思います。この会社で私がたくさんのことを学んだように、後輩にはさまざまな経験ができる環境を整えていきたい。愛情をいっぱい注ぎ、みんなで結婚式自体の満足度を高めていきたいですね。
WORK PROCESS ウェディングマネージャーの仕事
キャリア 12年 ヘアメイク
もともと、ヘアメイクアーティストという職業に漠然とした憧れを感じていたんです。それでメイクスクールに進学し、卒業後はヘアメイクサロンで8年間経験を積みました。でも、サロンではお客様と関わる時間が短いので、次第に物足りなさを感じるようになって。ブライダルなら一人のお客様とじっくり関わる機会が多いと思い、ブライダル専門のヘアメイクアーティストに師事。ブライダルのさまざまな作法を学びながら、アシスタントから徐々にキャリアアップしてきました。
今はヘアメイクマネージャーとして、10数名ほどのスタッフをまとめる立場に
います。ヘアメイクという仕事は、コミュニケーション能力が実はいちばんの武器。プロとして技術はできて当たり前、それ以上に会話や相手の気持ちを考えて対応することが大切なんです。結婚式当日に最高の笑顔を引き出すには、新婦様と信頼関係を築けるかどうかにかかっている。メイクの間中いろんなお話をして、心が通じ合った!と感じることも多いんですよ。
直接肌に触れる仕事だから、安心して任せてもらうことが重要だし、そこに大きなやりがいを感じます。「担当してもらってよかった」、新婦様からのそんな一言はいつでも最高にうれしい褒め言葉ですね。
WORK PROCESS ヘアメイクの仕事
キャリア6年 サービススタッフ
この仕事についたのは、前職のレストランの支配人から「笑顔がいいから、サービスをやったらどうか」と勧められたことがきっかけ。もともとパティシエ志望だったので、最初は戸惑いを感じながらも、料理やワインの知識について一生懸命勉強。接客を任されるようになった頃から、奥が深く、勉強のしがいがあるこの仕事の楽しさに気がつきはじめましたね。キャリアを重ね、レストランウェディングに関わりたいと思いはじめたとき、お客としてオペラを訪問。料理の味とサービスの良さが、入社の決め手になりました。
結婚式には、いろんな人が関わっているというワクワク感があります。お客様に満足してもらえるかどうかは、チームワークにかかっている。
だからサービスもキッチンも、職人同士がお互いに、何でも言い合える環境であることは大事ですね。サービスはいつも黒子のような存在です。主役はお客様であり、料理でもある。私は、そんな主役たちを陰で支えるサービスの仕事に、プロとして誇りを持っています。帰り際に「ごちそうさま」ではなく「ありがとう」って言われるときには、いい時間を過ごしてもらえたんだなと大きなやりがいを感じます。これからも「ありがとう」の言葉を、たくさん集めたい。そして、「サービスって、かっこいいな」と憧れを感じ、サービスマンを目指す人を一人でも多く増やしたいと思っています。
WORK PROCESS サービススタッフの仕事
キャリア8年 経理スタッフ
経理の仕事は、企業のドクターのようなもの。私はそう思っています。企業経営はいかにムダをなくしていくか、絶えず「改善=治療」が必要だからです。今、私は経理の責任者として、合理的に業務が進められる仕組みづくりに携わっています。うちの会社は、一人ひとりに仕事を任せてくれるところ、自由度が高いところが魅力。経理部門は、社長をはじめ幹部と話す機会が多いのですが、さまざまな改善提案にいつでも熱心に耳を傾けてくれますね。私は大学では経済学を専攻し、前職は証券会社で営業や監査の仕事をしていたので、何千という日本の上場企業を知っている。成功している企業のビジネスモデルを参考に、経理の視点でみた助言をすることも多いですよ。
今までの自分のキャリアを生かせると同時に、より良いシステムやサービスを0から創りあげていける、そこには大きな充実感があります。これから新しくはじめたいのは、結婚式という人生の節目に立ち会うこの業界ならではのサービス。それぞれ別の文化で育ってきたおふたりが、同じ価値観をもって人生を歩んでいけるようにお手伝いをしたいんです。具体的には保険や貯蓄、資産運用など、証券業界のキャリアを活かしたFP(ファイナンシャルプランナー)として、ライフプランニングに関わっていきたい。結婚式を挙げたおふたりのお金に関するホームドクターとして、生涯にわたりおつき合いしていきたいですね。経理という企業のドクター、FPという家計のドクター。どちらも兼ね備えた、なくてはならない存在になっていきたいです。
WORK PROCESS 経理スタッフの仕事
キャリア17年 支配人
平日はフレンチレストラン、週末は一組貸切のオーダーメイドなウェディングをプロデュース。その両方をトータルに運営していくのが支配人という立場です。シニアソムリエとして自分自身も接客しますし、結婚式のディレクション、店舗の設備管理からスタッフのシフト調整まで、支配人はいわゆる「何でも屋」ですね(笑)。一つの店舗は、サービス、キッチン、ウェディングなど、専門分野が違う職人たちの集まり。それぞれプロとしての理想や意見を取りまとめるのは、とても苦労します。でも個人が能力を100%発揮できるように調和を図るのが自分の仕事だと思うし、チームをつくること自体にやりがいを感じますね。
私は根っからサービスの仕事が好きなんです。以前勤めていたワインダイニングは格式の高い店で、ワインの品揃えも豊富だったので、貴重な経験をたくさんさせてもらいました。ただ、ソムリエの仕事はお客様と自分とで完結してしまうことも多いんです。充実感はあったけど、私はもっとチームで仕事をしたかった。だから今、サービスのプロとして仲間と協力し合い、“しあわせのお手伝い”をしていることに大きな喜びを感じています。サービススタッフは、いろんな結婚式を全部見ているんですよ。サービスならではの視点を生かした提案が、もっとできるはず!よりクオリティ高く、しあわせのお手伝いをしていきたいですね。
WORK PROCESS ドレススタイリストの仕事

Like Ameba キャリアデザイン

まだ、もっと、成長する。だから可能性が無限大になる。

  • ラポール支配人 中野 毅
  • 管理部 人事課長 中野末香子
  • クリエイティブディレクター 木村 早希
実った果実は、みんなで食べる。アメーバ流キャリアデザイン

ラポール支配人 中野 毅

私の履歴書

MY TURNING POINT

「一生、ついていきたい」と思える人との出会い。
1st POINT

キャリアの出発地点といえば、学生時代の接客業のアルバイトでしょうか。サービスの仕事がとにかく楽しくて。バーテンダーに憧れていたこともあり、卒業後はレストランバーに勤めはじめました。そこにお客様として来ていたのが、取締役の一人である先輩。当時から朗らかで優しくて、人間的な魅力に溢れた人でしたね。そんな先輩から、ある日「一緒に仕事をしないか」と声をかけられたんです。先輩を通して社長に出会い、この2人のもとでなら充実した人生が送れると確信。転職を決意しました。

人を受け入れることを学んだ、人生の「成長期」。
2nd POINT

ウェディング業界に無知だったこともあって、入社当初はがむしゃらに仕事をしていました。朝から晩まで相当ハードだったのですが、全然苦にならなかった。この仕事の大変さややりがい、プロとしての自覚。先輩たちからは、実に多くのことを学びました。転換期になったのは、ウェディングマネージャーに就任したとき。結婚式のすべてを仕切る責任者として、自分より年上の先輩と激しくぶつかることもありました。ただ、お互い立場は違っても、「お客様のために」という目的は同じ。そう気がついたら、相手の考えを受け入れられるようになったし、自分自身が成長するのを感じましたね。

いつでも帰ってこられる場所でありたい。
3rd POINT

今は支配人として、さらにウェディング部門全体の責任者として、マネジメント能力がますます必要な立場。振返ってみると、いちばん適切な時期に、必要なポジションを与えてもらっていたような気がします。責任が重くなり、プレッシャーに負けそうなとき「乗り越えられない壁は、あなたの目の前に現れないよ」と社長に言われたことがありました。そう言われたら、もうやるしかないじゃないですか(笑)。もっとお客様のためになりたい、会社をよくしたいと思う気持ちが強くなりました。お客様がいつでも何度でも帰ってこられる場所、地域のみなさんに愛される店。そんな存在であり続けるために、これからも頑張りますよ!

管理部 人事課長 中野末香子

私の履歴書

MY TURNING POINT

その旅は、自分自身を見つめ直す時間だった。
1st POINT

前職は、学生時代に勉強していたインテリアの仕事に就いていました。就職浪人を経て入社したので、とてもやりがいがあったのですが、2年ほど経った頃、ふと「自分の提案は、どう評価されているんだろう?」と疑問を感じるように。認められている実感がないまま変わらない毎日を過ごすより、新しい環境に身を置きたくなって、3年で退職しました。その後は単身オーストラリアに渡って、ワイナリーで農作業したり、海外ウェディングのお手伝いをしたり。1年半の間、いろいろな仕事を経験するなかで、自分のやりたいこと、目指したいことをじっくり振り返る時間を過ごすことができましたね。

心から思ったのは「仕事が楽しい!」ということ。
2nd POINT

この会社に入社したのは、ルタンブルがオープンしたばかりの頃。何もかも初めてのことばかりでしたが、ウェディングプランナーとして結婚式や披露宴を担当させてもらっていました。今思えば働く時間も長かったのですが、周りに助けられて毎日が本当に楽しかった。仲間と力を合わせて、何かを創りあげることが大好きになり、仕事が楽しい!と心から思えたんです。学生時代、自分には縁がないと思っていた接客や営業の仕事。そこにやりがいを感じ、楽しいと思えたことは大きな変化でしたね。

採用も教育も、0から創りあげる楽しさがある。
3rd POINT

プランナー時代から、スタッフみんなが仕事しやすい環境を整えるために活動していました。社長と一緒に「社内環境整備委員会」を立ち上げて、就業規則を策定したり、勤務時間を見直したり。入社6年目には、採用や教育の責任者として、総務人事秘書課長に就任しました。採用基準も教育制度も0から創りあげてきたのですが、会社環境はかなり良くなったと思いますよ(笑)。今は、みんなのために行動することが、私の新しいやりがいになっています。たとえば、産業カウンセラーの勉強をする、女性の活躍を推進している企業の勉強会に参加する。試行錯誤しながら、より良い環境へと近づくために、やるべきことをやっていこうと思います。

クリエイティブディレクター 木村 早希

私の履歴書

MY TURNING POINT

個人プレーから、チームプレーの職場へ。
1st POINT

私はもともと美容師だったんです。就職したサロンが大好きだったのですが、残念なことに閉店してしまって。新たに自分自身の道を考えたとき、いちばんやりたいと思ったのが、一人のお客様ともっとゆっくり関わることのできるブライダルのヘアメイク。そのためには、まずブライダルの知識を学ぶ必要がある!と考えたのが、プランナーとして転職するきっかけでした。でも本音をいうと、自由度の高かった美容師に比べて、チームプレーで動くブライダル業界に、当初は少し戸惑いがありましたね。

「本当に良い結婚式とは?」考え続けた日々。
2nd POINT

そんな想いもあってか、プランナーとしての私は、良く言えば自由、悪く言えば好き勝手にやっていたかもしれません(笑)。新郎新婦様とゲスト、そして私自身が満足いく結婚式を創ることだけを考えていました。意識が変わったのは、入社して2年経ち、ウェディングマネージャーに就任したときですね。視野が広がって、周りのみんなが働きやすい環境をつくること、会社全体で良い結婚式を創ることに目が向くようになりました。マネージャーになって雰囲気が変わったね、ともよく言われました。本当に良い結婚式とはなんだろう?その問いに対して、自分なりの答えを探していた時期だったように思います。

社長の言葉に背中をおされて、夢を実現。
3rd POINT

私が入社を決心したいちばんの理由は、その頃はまだなかった、ヘアメイク部門を任せたいと社長から言われたこと。ヘアメイク部門の立ち上げは、そのまま私の夢を叶えることでもありました。幸いなことに同じ夢を持つ仲間に恵まれて、入社3年後にヘアメイク部門を設立。プランナーとして経験を積んでいたおかげで、想像していたよりスムーズにスタートできましたね。その後は、育児休暇を経て取締役への就任、ドレスブランドの設立と、大役を任せられることが続きました。迷いがなかったかと言えば、そうじゃなかった。でも、尻込みする私に「能力がある人は、やらないといけない」と、社長がいつでも背中をおしてくれました。認めてくれて、任せてもらえる環境があれば、人はもっと輝くことができる。これからは、幹部となった私がそんな環境を創っていく番だと思っています。



フランス料理 フルリール
愛知県半田市栄町3-16-2
tel 0569-77-9024
http://www.restaurant-fleurir.com/

Ameba HDを卒業し、自分の店を持って1年余り。Ameba HDで得たものの大きさを、日々感じています。そのなかでも、今の私にとっていちばんの財産といえるのが、一緒に働いた仲間たち。普段からいろいろと意見交換をしたり、困ったときにはアドバイスを求めたり。いつでも相談にのってくれる仲間たちは、本当にかけがえのない存在です。また、とにかくお客様目線のAmeba HDでは、「想いを料理で伝える」という経験をたくさん積むこともできましたね。ご両親の育てた野菜を使って、新郎様と一緒にスープを作ったこと。時には、バレンタインのギフトとして、サプライズエクレアを新婦様と作ったこともありました。今でも強く印象に残っている経験の数々が、オーナーシェフとして、料理人として、大切にすべきことを想い出させてくれる気がします。Ameba HDで学んだことのすべてが、今に活きている。仲間たちとの絆を大切に、私はこの地域のお客様に愛される、誠実なお店づくりをしていきたいと思います。

Team Ameba

それは、泣いたり笑ったり 七色の表情をもつウェディング

  • チームで創りあげる結婚式。そのスタートは、プランナーたちが集まって、提案内容を考える「コンセプトミーティング」。
  • コンセプトミーティングでは、担当プランナーだけでなく、プランニングアイデアを「全員で」考えるのがルール。
  • 担当プランナーがヒアリングしたおふたりの情報を、みんなで共有。これらの情報が、コンセプトの軸になります。
  • ホワイトボードに情報を書き込みながら、キーワードを整理していきます。少しずつ、テーマが見えてきたようです。
  • 担当プランナーは、ユーモアを交えてエピソードを紹介。笑いの絶えないミーティングだから、アイデアも生まれやすい!?
  • どうしたらおふたりらしさが出るか、資料を参考に考えたり。今までに提案した結婚式のなかに、ヒントがあることも。
  • 「こんなアイデアは、どう?」誰かの一言がきっかけになって、「それ、いいね!」と全員が笑顔になることも。
  • ミーティング後、みんなで決めたコンセプトを、担当プランナーがまとめます。「コンセプトシート」が完成!
  • 完成したコンセプトシートをおふたりに提案した後は、シートを手に今度はシェフのもとへ。料理について打合せ。
  • ふたりの想いをこめた料理「エピソードレシピ」を考案中のシェフ。近寄りがたいほどの、真剣な表情です。
  • 一人ひとりが、自分の持ち場をしっかり守る。挙式当日のキッチンには、ピリリとした緊張感が漂っています。
  • 全社のキッチン部門を統括するグランシェフから、アドバイスが。経験の浅いスタッフにとっては、貴重な「金の一言」。
  • それぞれが阿吽の呼吸で動くキッチン。スタッフ曰く、「みんなで創る料理は最高!」。ここからおいしい料理が生まれます。
  • 結婚式当日の朝はサービススタッフが集まり、進行について最後の確認。どんな疑問も、きっちり解決することが大切です。
  • そして、サービススタッフは、結婚式に関わった全員の想いをお客様に届けるのが仕事。自然と表情も引き締まります。
  • すべての準備が終わり、挙式がはじまる直前に訪れる静寂の時間。今日も笑顔でいっぱいの1日になりますように。
  • 万感の想いをこめて、花嫁の入場を静かに見守るプランナー。言葉にならない感情が込み上げるひとときでもあります。
  • 「おめでとう!」祝福の声に囲まれて。おふたりの最高の笑顔を見ることが、チームアメーバ全員の喜びです。
  • チームアメーバでしか創れない結婚式をお届けしたい。私たちは感動に溢れた1日に立ち会えるしあわせを、日々感じています。

Amazing Ameba 6つの委員会と3つのGP

どんな時も、「NO」と言わない。そんな誇りが生まれる環境。

これぞ、アメーバ名物。9つの委員会と3つのGP大会。

何ごとも本気で楽しむAmeba HDの名物といえば委員会活動と、グランプリを決める年に一度の社内大会。人を驚かせ、喜ばせるのが得意な職人集団だから毎回、アメージングな感動が生まれています!

社会人のクラブ活動、6つの委員会
  • 毎年テーマを決めて、忘年会の企画を行う委員会。忙しい合間を縫って、秋から企画をスタート。新入社員による一発芸大会など、笑いあり、涙ありの大宴会で1年の幕を閉じます。

  • Ameba HDでは、新入社員の歓迎会を兼ねたオリエンテーションを行っています。実行委員会がコンセプトを考え、おもてなしイベントの数々を企画。社員の親睦が深まる機会になっています。

  • 1年間の慰労を込めた社員旅行の企画を行います。全員の旅行手配をするだけではなく、イベントも盛りだくさん。年末の忘年会には、次回の社員旅行の行き先が発表されます。

  • ワイン好きのスタッフが集まって、ワインに関する知識を深める勉強会。社内のシニアソムリエが中心となって資料を作成。座学から試飲、片づけまで、みんなでワイワイ楽しく学びます。

  • スタッフの運動不足解消とチームワーク向上を目的に発足。オリジナルユニフォームを着て、日頃からお付き合いのあるパートナー企業のチームとの練習試合などを行っています。

  • 野外活動体験をすることをコンセプトにした、“大人の林間学校”をプロデュースする委員会。会場が必ずしも林間ではないことも、サプライズの一つ!?工夫を凝らした企画で、夏の1日を盛り上げます。

グランプリ大会
  • 全店舗のキッチンスタッフが参加。レシピの書類選考で残った3人の料理を、抽選で選ばれた社員が審査員となって実食。グランプリを決定します。

  • 2か月に1度の予選では、全プランナーが施行したウェディングプランを発表。予選を通過した3人が全社員の前でプレゼンテーションし、投票が行われます。

  • 基礎知識を問うペーパーテストを行い、高得点者3人が実技審査に進みます。前回はローストチキンが1羽まるごと登場!サーブ技術を競い合いました。

社長からのメッセージ

Message
しあわせな未来を、一緒に創ろう!

「僕たちはしあわせ者ですね。世の中で一番奇麗なお金をもらえる仕事をしているんですから」。2002年、創業したばかりの頃に、スタッフに言われた言葉です。私たちの仕事は、新郎新婦様の夢や希望をチーム全員でカタチにしていく仕事です。時には涙したり、心の底から笑い合ったり、おふたりらしいコンセプトを考え、一緒に創りあげる結婚式。そんな晴れの日を迎えたおふたりから、“ご祝儀”という世の中でいちばん綺麗なお金を頂戴するのです。

私は、このウエディング業界に心底惚れています。19才になった双子の愛娘にも、父親として、この仕事の誇らしさを常々伝えています。きっと「世のため、人のために役に立ちたい」と思っている人は多いと思いますが、「ありがとう。ここで結婚式を挙げてよかった」と御礼を言われたときに、誰かの役に立つ大きな喜びを感じることができると思います。こんなにしあわせで、やりがいがある仕事はほかにはない。だからこそ私は、「ここで働きたい」と思ってもらえるような魅力的な会社を、みんなで創ることにこだわっています。素敵な結婚式、おいしい料理、志を同じくする仲間の存在。Ameba HDは、あなた自身のしあわせを見つけるために、自由に挑戦できる場所です。私たちにしか創れない、私たちの未来を、ここで一緒に創りませんか。

株式会社 アメーバホールディングス 代表取締役社長 藤巻 滿

企業情報

Recruit 採用情報

新卒・キャリア採用 募集要項

  • 現在の募集職種

    ウェディングプランナー(新卒・中途)
    打合せ~当日施行までトータルで結婚式をプロデュースします。おふたりらしい結婚式を打合せからサポート、施行キャプテンとして結婚式当日も新郎新婦様の近くで見守ることができます。一生のうちで大切な一日を新郎新婦様と一緒に創り、その後も新郎新婦様にとって特別な存在として、一生のお付き合いをする先輩プランナーもいます。
    洋食調理スタッフ(新卒・中途)
    平日はレストラン、土日祝は結婚式での調理。平日はランチとディナーで本格フレンチを提供。認められれば、あなたのアイディアがメニューになることも。 結婚式の料理は新郎新婦様と打合せをしておふたりだけの「エピソードレシピ」を創ります。担当制なので、おふたりにとって特別な存在になります。
    パティシエ(新卒・中途)
    平日はレストラン、土日祝は結婚式でのデザート調理。平日はランチとディナーで本格フレンチを提供。結婚式では新郎新婦様と打合せして、世界に一つしかないおふたりだけのウェディングケーキを創ります。担当制なので、おふたりにとって特別な存在になります。
    サービススタッフ(新卒・中途)
    平日のランチ&ディナーのレストランサービスと、土日祝に行われる結婚式でのサービス。どちらも「感動を創る」やりがいのある仕事です。おいしい料理とあたたかなおもてなしで、ゲストにしあわせな時間を過ごしていただく。キッチンをはじめとしたスタッフの想いをゲストに直接届ける最前線が、サービススタッフです。
    経理スタッフ(新卒・中途)
    社内において、縁の下の力持ち的な存在として活躍。買掛管理、売掛管理、支払業務、伝票処理、月次決算、年次決算、仕訳業務(会計ソフト)、資金資料等作成、電話対応、簡単な来客対応などを担当していただきます。
  • 勤務地

    オー・ド・ヴィーグループでの勤務となります。

    The Opera(オペラ)&HUGS(ハグ)
    愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー1,2階
    Rapport(ラポール)
    愛知県長久手市前熊原山38-28
    Le Timbre(ル・タンブル)
    愛知県名古屋市中区栄4-6-1 ベストウェスタンホテル名古屋2階
    moitie moitié(モアチェ・モアチェ)
    愛知県名古屋市中区栄1-1-5
    Amarri Closet(アメリ・クローゼット)
    愛知県名古屋市中区栄4-6-1 ベストウェスタンホテル名古屋3階
    Glycine(グリシーヌ)
    〒468-0076 愛知県名古屋市天白区八事石坂654
    その他 2017年中に数店舗オープン予定
    管理部本部
    愛知県名古屋市中区栄4-6-1 ベストウェスタンホテル名古屋3階
  • 勤務時間

    職種、勤務地により異なります。

  • 休日・休暇

    月8日休み(シフト制)*基本火曜定休/店舗により異ます。
    夏期休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、妊娠特別休暇、長期休暇(勤務年数褒賞)など ※一部職種により異なります。

  • 給与

    正社員 年俸制:年収245万円~(月額209,500円~)+決算賞与

    ※試用期間は給与変更あり
    ※経験や能力を考慮し決定します
    ※固定残業費(社内規定時間数)含む

    22歳 新卒入社 入社2年目 年収264万円+決算賞与
    27歳 新卒入社 入社5年目 年収360万円+決算賞与
    35歳 中途入社 入社4年目 年収540万円+決算賞与

  • 待遇・福利厚生

    給与改定年1回(年俸制見直し)、決算賞与年1回、各種保険完備、 通勤手当(会社規定により支給)、食事補助(規定金額あり)、 制服貸与(職種により異なる)、健康診断、育児介護休業制度、感染症予防接種、 社員旅行、社内表彰制度(年1回)【人間力大賞、S1P1K1グランプリ、 委員会大賞/大賞受賞者には表彰状と豪華景品あり】委員会活動(イベント)(年4回)

  • 応募資格

    新卒採用:2017年度専門学校・短期大学・四年制大学・大学院卒業見込者
    キャリア採用:特になし

  • 応募方法

    下記のエントリーフォームより受け付けています。

  • エントリーはこちらから
  • 採用連絡先 TEL:052-269-3055 10:00~19:00(火曜定休)採用担当 中野まで

アルバイト採用 募集要項

  • 現在の募集職種

    レストランサービス、婚礼サービス、ウェディングプランナーアシスタント、 洋食調理スタッフ、パティシエ、サービススタッフ、カフェスタッフ、コールセンタースタッフ、 ブライダルヘアメイクアシスタント、ドレスコーディネーターアシスタント、 ドレス縫製スタッフ、経理補助スタッフ

  • 勤務地

    オー・ド・ヴィーグループでの勤務となります。

    The Opera(オペラ)&HUGS(ハグ)
    愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー1,2階
    Rapport(ラポール)
    愛知県長久手市前熊原山38-28
    Le Timbre(ル・タンブル)
    愛知県名古屋市中区栄4-6-1 ベストウェスタンホテル名古屋2階
    moitie moitié(モアチェ・モアチェ)
    愛知県名古屋市中区栄1-1-5
    Amarri Closet(アメリ・クローゼット)
    愛知県名古屋市中区栄4-6-1 ベストウェスタンホテル名古屋3階
    Glycine(グリシーヌ)
    〒468-0076 愛知県名古屋市天白区八事石坂654
    その他 2017年中に数店舗オープン予定
    管理部本部
    愛知県名古屋市中区栄4-6-1 ベストウェスタンホテル名古屋3階
  • 勤務時間

    職種、勤務地により異なります。

  • 休日・休暇

    シフト制(1ヶ月単位)

  • 給与

    職種により異なる。
    1,000円~(試用期間100時間:900円)

  • 応募資格

    将来のためにマナー、接遇、電話対応などを学びたい方も歓迎

  • 応募締め切り

    随時募集中

  • 応募方法

    下記のエントリーフォームより受け付けています。

  • エントリーはこちらから
  • 採用連絡先 TEL:052-589-8808 平日10:00~18:00  採用担当 中野まで
  • The Opera(オペラ)&HUGS(ハグ)
    愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー1,2階
  • Rapport(ラポール)
    愛知県長久手市前熊原山38-28
  • moitie moitié(モアチェ・モアチェ)
    愛知県名古屋市中区栄1-1-5
  • Le Timbre(ル・タンブル)
    愛知県名古屋市中区栄4-6-1 ベストウェスタンホテル名古屋2階
    Amarri Closet(アメリ・クローゼット)
    愛知県名古屋市中区栄4-6-1 ベストウェスタンホテル名古屋3階
    管理部本部
    愛知県名古屋市中区栄4-6-1 ベストウェスタンホテル名古屋2階